Skip to content

プロパンガス都市ガス比較で気にするポイントは?

プロパンガス都市ガス比較で気にするポイントとしては、その多くは料金です。

ガスの種類による火力の違いがありますが、基本的にはトータルで支払う料金で選ばれるのが一般的です。このため料金面だけでプロパンガス都市ガス比較をすると圧倒的に都市ガスが有利です。都市ガスはガス配管を通じて供給されるために、プロパンガスと異なりボンベの配送が不要です。都市部においては電気よりも古く使われてきたインフラであり、人口が密集する地域に整備されています。一方で人口密集地でなければ供給されないこともあって都市部以外では利用できません。

プロパンガス都市ガス比較で単純に料金だけで見れば3倍程度の差があります。ガス使用量を20㎡と換算し月あたりの料金でみれば都市ガスは、3、600円程度であるのに対してプロパンガスは12、400円程度になります。ただし、実際のところ熱量として見れば都市ガスに使われるガスの熱量は1㎡あたり11、000Kcalに対してプロパンガスは24、000Kaclがあります。

同じ使用料でも得られる熱量には2倍の差があるため、より強い熱を求める場合には、多くのガスを消費することになります。しかし、これらの熱量を考慮しても都市ガス料金が倍の40㎡を使用したとしても7、200円ですから3分の2程度の料金であり、安価であることがわかります。また熱量が小さいといっても加熱器具などでは十分な火力を得られるように作られているので、プロパンガスであっても都市ガスであっても使用感に違いはありません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *