Skip to content

プロパンガス都市ガス比較での着眼点は

家庭で使っているインフラには電気や上下水道や電話に加えてガスがあります。

電力会社によるオール電化のキャンペーンが繰り広げられていた時期には、一時的に需要が下降したこともありましたが、特にプロパンガスならば災害発生時の大規模停電においても使用できる利点は計り知れないものがあり、再び脚光を浴びています。住宅を新築する場合にプロパンガス都市ガス比較をしてガスを利用することにした場合、都市ガスの供給エリアであれば都市ガスに、エリア外ならばプロパンガスになるのが通常です。

とは言っても、双方の選択が可能な地域であれば、プロパンガス都市ガス比較でどちらにしたらよいのか疑問がわいてきます。プロパンガスは、ブタンやプロパンが主成分の液化石油を由来とする気体です。比重は空気よりも大きく、硫化物の含有が少ないので燃焼しても水と二酸化炭素が発生し、有害物質が出にくいのが特徴で、発熱量は1立方メートルあたり2万4千キロカロリーです。都市ガスはメタンが主成分の液化天然ガスであり、空気よりも比重が小さく硫化物の含有が少ないため燃焼しても有害物質の発生が少なく、発熱量は1立方メートル当たり1万1千キロカロリーです。

プロパンガスは個別のボンベからの供給となり、都市ガスは道路に埋設されたガス管から供給されます。大地震の発生時には、感震機能付きのメーターならばどちらも自動的に供給を遮断します。プロパンガスならばメーターの復帰で再び使用できますが、都市ガスでは本管と供給基地の安全確認後の再開となるので、再使用が遅くなってしまいます。

また、電気とのセット割をアピールしているのは都市ガスであり、プロパンガスではそのような割引はあまりありません。プロパンガス都市ガス比較では、双方とも方向性の異なる利点を持っていて、決定的な欠点はありませんので、選択にあたっては何を重視して生活するのかを見極めた上で判断するとよいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *